藤枝サークル 熱海サークル 体験会 in 富士(報告) - 日本スポーツ吹矢協会 静岡・焼津支部

体験会 in 富士(報告)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先日の沼津開催に続き、今日は富士での体験会でした。会場は、ラ・ホール富士の軽体育室。申し込まれた18名の皆さんには、一人の欠けもなくご参加いただくことができました。

 プログラムとしては、これまでと同様ですので特筆すべき点はありません。スポーツ吹矢の呼吸法を中心とした説明、試し吹きのあと、基本動作を踏まえて時間いっぱい吹いていただく、というものです。

101128_1.jpg101128_2.jpg101128_3.jpg 写真のように、皆さんそれぞれ熱心に吹いて下さっていたのは嬉しい限り。かなり気に入って何度も吹かれる方、道具の質問をされる方もいらっしゃり、長いようで短い2時間はあっという間に終了。いつも通り、無事故で終われたのも何よりでした。

 さて、沼津体験会の報告でも書きましたが、一連の県東部地区での体験会は、支部空白地帯に将来を見据えた種蒔きをするという位置づけです。沼津については、今後の見通しをもう少し明確にすべく12月に再度の体験会を予定していますが、実は富士においては同じく12月から月1回のサークル活動的な練習会開催を試みることとなりました。

 これは、沼津・富士とお手伝いを兼ねて参加して下さったS山さんご夫妻(富士在住)のご尽力が大きく、市内の体育館を定期的に借りることが可能となったため実現の運びとなったものです。とはいえ、どう転ぶかは全くの未知数でもあるので、ひとまず2月までの3ヶ月を確保した上で、今日ご参加の皆さんには最後にご案内をさせていただきました。

 詳細については改めてエントリを立てますが、これまで何も無かった地域に小さな灯りがついたのは、非常に喜ばしいことです。S山さんご夫妻に感謝申し上げるとともに、多くの方に参加していただけるよう期待しています。

 相も変わらぬ表現ではありますが、今日会場に足を運んで下さった皆さんに改めて感謝申し上げるとともに、一緒に体験会を支えてくれた支部員さん方にもお礼申し上げ、富士の報告とさせていただきます。


■本日のオマケ

 体験会開催前に、支部員さんと吉原商店街にある喫茶店「アドニス」で昼食を摂りました。その際に注文したのがこちらの「つけナポリタン」。

101128_4.jpg お隣の富士宮市では「富士宮やきそば」がB級グルメとして全国的に有名ですが、富士市でも負けじと生み出したのがこのメニューです。簡単に説明すれば、トマトベースのソースに麺を浸けて食べる「つけ麺」的なもの。その元祖が、ここ「アドニス」なのです。

 「ナポリタン」というとパスタ(スパゲティ)を連想しやすいところですが、アドニスでは製麺所に特注で打ってもらっている「麺」を使っています。表現が難しいものの、大雑把には「やや細めのうどん風」といったところでしょうか。適度にコシがあるこの麺、桜エビとともに炒めた形で出されますが、これをトマトベースのソースに浸ければまさに美味。ソースにはチーズもたっぷりと入っており、麺に絡まって濃厚なアクセントにもなります。

 また、麺を半分ほど食べたところでレモンをかけるという「指示」もあり、濃厚さに飽きて(?)きた舌へ適度なサッパリ感を与えることで、最後まで箸が止まることなく食べきってしまうという寸法です。う~ん、策士ですね。

 富士宮焼きそばは麺自体が特徴でもあるため、どこで食べてもほぼ同じ食感ですが、つけナポリタンに関しては特に規定はないらしく、アドニスのような特注麺のほか、パスタ、中華麺、果ては日本そばまで組み合わせは店の自由。参加各店それぞれ独自の「つけナポリタン」が味わえるということなので、また別の店にも行ってみたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shizuoka-fukiya.net/mt/mt-tb.cgi/117

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ