藤枝サークル 熱海サークル 第3回京都府スポーツ吹矢大会 - 日本スポーツ吹矢協会 静岡・焼津支部

第3回京都府スポーツ吹矢大会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先週の土曜日(7月2日)、第3回京都府スポーツ吹矢大会に参加してきました。開催日程も知らないほどで特に何も考えていなかったのですが、昨秋の京都宇治支部大会で知り合った、京都朱雀支部のU田支部長より個人的にお誘いをいただき、ご好意に甘える形で上洛した次第です。

110702_1.jpg 会場は、京都府庁舎近くにあるホテルルビノ京都堀川。新幹線のダイヤの関係もあり、8時半過ぎには現地に到着してしまいましたが、松山支部のY野さんをはじめとした宇治で顔見知りになった方々や、会報やネット上で一方的に知っている方々を捕まえては話をしたりなどしている内、あっと言う間に開会の時間となりました。

 試合会場となるのは、ホテル内の宴会場「みやこ」。端から端まで整然と並べられた的台は全部で20台で、その全てには宇治支部大会と同様の照明が設置され、的面を明るく照らすよう工夫されていました。

110702_2.jpg また、競技レーンの後方には、全参加者の控え席を設置。参加支部(もしくは府県)ごとにエリアが分かれ、背もたれにも表示があったため、解りやすかったと思います。

110702_3.jpg 開会式の冒頭では、先日見事六段に合格された京都宇治支部のK田支部長に、来賓の協会理事・大野先生より認定証が手渡されました。大野先生は、審査員として試験会場で吹く様子をご覧になっていたそうですが、「最後の1本が7点ならば合格」というこの上ないスリリングな展開に、「こっちまで緊張した」と振り返っていらしたのが印象的です。

 また、認定証授与の後には、大阪府協会、京都府協会からそれぞれ花束も贈呈され、文字通り「両手に花」のK田六段でした。

110702_4.jpg さて、本題の試合ですが、昼食を挟んで6m・8mの部が4ラウンド、10mの部は6ラウンドでの競技で、距離の短い方から順次吹いていきます。

 審判は、2レーンに1名ずつの公認指導員による専属制となっていて、地元京都を中心に近隣府県や本部のあべ松さん(!)が当たられていました。全国大会あるいは会員の多い都県での大会では当たり前のように実施されていることですが、同レーンの競技者との互審制が大半であろう地方大会では珍しいスタイルです。

 これは、京都府協会・S田会長の「ジャッジの信用性を高めるため、また進行面を考慮して、審判は公認指導員が専属で担当すべき」というお考えに基づくものだそうですが、やはり毎年実現し続けるハードルは高いようで、「(専属審判制は)今年が最後かもしれません」とのことでした。

110702_5.jpg もうひとつ目を引いた点としては、ジュニアの参加が4名ほどあったこと。後半にあった団体戦の順位決定戦では、代表を買って出たジュニアの選手が黒点ど真ん中を射貫くなど、大会を大いに盛り上げていました。ちなみに、最年少は(↓に写っている)Mくんで、何と6歳の小学一年生!さすがに大会の雰囲気に戸惑っている様子も見られましたが、吹き筋は大人顔負けでしっかりしたものでしたよ。

110702_6.jpg なお、肝心の自分の成績ですが、前半こそまずまずだったものの後半で全く点を伸ばせず、最低目標の174点(五段合格相当)にも届かない170点で、8位の大惨敗。色々と言い訳したい要素がないでもないですが、どれもこれも結局は自分の力不足・準備不足に集約されることであり、こうした大会で強豪と伍するのは、まだまだずっと先の話だなぁと実感せざるをえないような結果でした。

(個人戦・団体戦の各上位表彰者については、大阪菊水支部のブログに詳しいので、そちらをご参照ください)

 と、結果は結果として非常に残念なものでしたが、実際のところそれは二の次であり(負け惜しみではありません、多分)、大きな目的というか楽しみは、他地域の皆さんとの交流にあります。そういう意味では、宇治支部で知り合った方々と再会できたことや、今回初めてお会いした方と知り合えたのは、大変意義深いものがありました。

 中でも、前会長のT本さんから広島県会長を引き継がれたばかりのU吹さん(東広島やよい支部支部長)とは、控え席が隣同士だったこともあり、色々と親しく話をさせていただきました(喋りすぎてご迷惑だったかも...?)。U吹さんはたまたま立ち順が違ったため、吹く姿を見ることも出来たのですが、非常に美しい基本動作でうっとり。T本さんも大変お綺麗ですし、以前から存じ上げているK本先生も然りで、こうしたところに県全体としての意識の高さが現れているのだな、と感じました。
(T本さん・U吹さんは、団体戦でも「広島静岡チーム」として一緒になり、「足を引っ張ってはいけない」と個人戦以上に緊張したのは、ここだけの話です)

 大会終了後には、同ホテル内の別室に移っての懇親会。そこここで吹矢談義に花が咲き、賑やかかつ和やかな時間となりました。

110702_7.jpg 何はともあれ、懇親会後の二次会(?)までお世話になったS田京都府会長、大会にお誘いくださったU田さんをはじめ、今回も多くの皆さんのおかげで大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

 主催の京都府協会の皆さん、近隣府県の皆さん、そして参加されたすべての皆さんに、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。そして、またどこかの大会会場でお会いできることを楽しみにしています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shizuoka-fukiya.net/mt/mt-tb.cgi/197

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ