藤枝サークル 熱海サークル 8月19日・静岡の練習→富士的矢支部へ - 日本スポーツ吹矢協会 静岡・焼津支部

8月19日・静岡の練習→富士的矢支部へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月後半の静岡。すっかり枕詞のようになっていますが、相変わらず暑い!としか言いようのない中、19名が集まりました。ただ、この日は比較的カラッとした空気、じっとしているだけで汗が流れ落ちるような不快感は少なく、いつもよりはしのぎやすかったようにも思います。

 冒頭の連絡事項では、来月の富士大会などのご案内をしたほか、支部設立(認定日)から丁度丸4年になったことを伝えました。思わず皆さんからは拍手をいただいてしまいましたが、こうして活動を続けられるのも、支部員さんや他支部・協会本部のご協力あってこそ。今後も一緒に楽しく続けて行ければ、それが何よりです。

 それはさておき、いよいよ次週(25日)に迫った二段以上の昇段試験に向け、受験組の皆さんはまさに追い込みの練習となりました。パーフェクトを記録したM野さんにY田(正)さん、重めの筒へのスイッチが見事にハマってこの日も納得のN西さん、数ミリでパーフェクトを逃すもまとまりよく吹けているY田(憲)さん辺りは、かなり好調といえるでしょうか。

 一方で、なかなか矢がまとまらず苦戦気味の方もいらっしゃいますが、泣いても笑ってもあと1週間。練習の調子もさることながら、試験や試合ではいかに「普段良いと実感している"吹き方"を数多く再現できるか」に尽きますので、当日は必要以上に自分を追い込まないよう、「緊張半分、気楽さ半分」でチャレンジしていただきたいものです。

120819_1.jpg▼合格水準のスコアを持続しているM野さん。パーフェクトに満面の笑みです120819_2.jpg▼こちらも見事パーフェクトのY田さん。矢が落ちそうなので急いで(?)撮りました120819_3.jpg

 午前中の支部練習を終えた後は、昇段・昇級審査の依頼を受けて、富士的矢支部の練習会場・アールスイミングクラブ体育館へ。6月にお邪魔した際はフィランセ富士でしたから、メインの練習会場ともいうべきこちらに来るのは、5ヶ月振りということになります。

 相変わらず順調な活動振りのようで、参加者は25名ほどと大変に賑やか。毎月訪ねていた頃ならばそんなことはなかったのですが、今はお邪魔する度に見知らぬ顔がググッと増えている印象です。この日も体験者が1名あり、S山支部長が指導にあたられていました。

 さて、今回試験にチャレンジされたのは、初段2名、1級1名、2級3名の計6名。この内、初段のO森さんは6月の受験時に少しばかり届かずで、まさに捲土重来の挑戦です。練習中には、早くも緊張している様子のところに話しかけ、少しでも気楽になってもらえればと、試験中の気の持ちようなどをお伝えしました。

 予定の練習時間が終わり、いよいよ審査開始。6名同時に吹いていただくことにしましたが、1ラウンドめからO森さんにパーフェクトが!その他、1級のS田さんと2級のS藤(邦)さんには、2回ずつパーフェクトが出るなど、高得点が連発でした。

 結果、2級のS藤(利)さんがほんの僅か届かずでしたが、他の5名は見事に合格。O森さんも、4ラウンド目こそ安心したのかアララ...の点数にはなったものの、無事合格で大喜び。また、2回のパーフェクトを出したS藤(邦)さんは101点、S田さんは130点という、なかなか見ることのないスコアでクリアされました。2級の100点越え、1級の130点台は、私が見てきた限りにおいては、それぞれ2回目の出来事です。

 その他、印象的だったのは、皆さんの基本動作がかなり良いことでした。講評時も、細かな部分(勿論ここも大事ではあります)を指摘した程度。これは、今回残念だったS藤(利)さんも同様で、S山支部長を中心とした普段の練習が、いかにしっかりとしているかの証だと思います。

 次にお邪魔するのがいつになるかは分かりませんが、更に一段ステップアップしているであろう皆さんにお会いできるのが、今から楽しみです。

120819_4.jpg



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shizuoka-fukiya.net/mt/mt-tb.cgi/328

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ