藤枝サークル 熱海サークル 第7回青柳杯大会を振り返って - 日本スポーツ吹矢協会 静岡・焼津支部

第7回青柳杯大会を振り返って

| コメント(0) | トラックバック(0)

 既に開催から10日ほど経ちますが、先日の青柳杯についていくつか気になった点を書き留めておきます。ひとつは、得点面。今大会では、昨年一服した格好だった予選成績が再び向上し、決勝トーナメント進出へのカットラインが、男子は初めて190点の、女子は二年ぶりの180点と、それぞれ大台に乗りました。

 以下のデータは、男女別開催となった2011年以降3年間と、最後の男女混合開催だった2010年について、男女別、男女混合に予選成績を並べたものです。(赤字は女子)

aoyagi2013.gif 真っ先に目につくのは、冒頭でも触れた通り、男子の熾烈な争いです。また、昨年こそ最高得点・上位20名の平均点で前年を下回りましたが、カットラインそのものは年々上がっていることも分かります。

 男女混合だった2010年は仮定の話になりますが、「上位8名」で括った場合、昨年までの3年間は同じ188点がカットラインでした。しかし、その点数で進出できる「枠」は、3→2→1と減り続け、今年は遂に「188点では決勝に進めない」ところにまで到達。その188点も、3年前に比べると倍の19名にまで増え、「六段合格ライン」の186点では20位タイがやっとという、何とも恐ろしい状況となっています。

 これは、全体的なレベルアップは勿論のこと、それ以上に参加人数の増大が大きく影響しているとみて間違いありません。2010年に男女全体で330名だった参加者は、男女別初年度の2011年に男子のみで318名、2012年は最終エントリ時点で380名、今年は464名の最終エントリとなりました。得点分布に著しい差が出なければ、高得点者の絶対数は比例して増えますから、こうした状況も当然といえるでしょう。

 単純に得点を見た場合には、「競技レベルの向上」のひと言で片付けられますが、予選参加者が増え続ける中、決勝枠が据え置きのままでは、ひたすら「狭き門」になるだけです。上位が2点、4点の僅差、なおかつ高レベルでひしめき合っていること、また予選得点が決勝トーナメントに持ち越されないというルールを考えても、そろそろ男子の決勝枠は拡大を検討すべき頃合いのようにも思います。

 一方の女子。ここ4年を見ると、カットラインは178 or 180点で大きな動きがありません。特に、今年と昨年を見ると、20位までの得点分布もほぼ同じ。これは、最終エントリ時点の人数が殆ど変わらない(今年123名、昨年122名)ことからも納得できる状況ですが、上に述べた決勝枠の「バランスの悪さ」を軽減させるためにも、せめて全体の3割程度まで増えて欲しいところです。

 ところで、今大会では決勝ラウンドにおいて、基本動作の採点が実施されました。最初と最後の「礼をする」を1項目とし、計7つの動作がそれぞれ正しければ、各1点を加点するというルール。競技点が31点、基本動作点が4点ならば35点が決勝ラウンドの点数ということになります。

 実際の審査方法としては、男女それぞれに4名ずつの審査員がつき、厳しく目を光らせるというスタイルが取られました。競技点の採点中に、審査員が集まって協議している様子が見られましたが、発表された点数に小数点(○.5点)があったことから、4名の平均点が基本動作点として加点されたものと思われます。

 「思われます」としたのは、決勝ラウンドの点数発表が「競技点+基本動作点」の合計のみだったためです。当日中に協会公式サイトで発表された結果でも、決勝トーナメントの点数発表はありませんでした。例年通りならば、会報で詳細が掲載されますから、それを待ちたいと思いますが、どの程度の加点があったのかは大変気になるところです。

 また、「基本動作の採点」導入に伴ってか、従来存在した「基本動作奨励賞」の表彰がなくなりました。邪推をすれば、以前こちらのエントリで触れたような、「準決勝敗退者が表彰され、勝者の(決勝戦での)基本動作点が低かった場合」の悪影響を避けたとも思えますが、真意は不明です。

 尤も、全日本選手権の10m部門と同様、高段者(三段以上)が集い「No.1」を決める場である青柳杯において、「正しい(美しい)動作ですね」とわざわざ表彰する必然性があったかといえば、正直なところ疑問ではありました。全日本選手権を含め、今後どのような扱いとなるかは不明ですが、出場者は「(基本動作は)出来ていて当たり前」であることを、一層心得ておく必要があるようにも思います。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shizuoka-fukiya.net/mt/mt-tb.cgi/426

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ