藤枝サークル 熱海サークル 7月28日・夜間の部 - 日本スポーツ吹矢協会 静岡・焼津支部

7月28日・夜間の部

| コメント(0) | トラックバック(0)

 7月後半の夜間です。今回の参加者は5名と、久々に的の数を下回る少人数での練習となりました。

 そんな回の前半は、広域支部月例会の記録採り。練習の段取りを変えたことで、土日の練習時には実施が困難になったこともあり、しばらくご無沙汰していましたが、3月の京都府大会にS野さんが出場されたことをきっかけに、エントリを再開するようになりました。

 各支部の練習時間冒頭で3本の試矢+6ラウンド、というレギュレーションが決まっているほかは、ラウンドの消化方法など統一の取り決めはなく、当然ながら練習環境も異なります。それでも、既に30回以上を数え、参加者も100名を大きく超えるようになっており、「毎月手軽に全国大会を!」のコンセプトが、一定の支持を得ている証でしょう。

 ちなみに、同様の企画はダーツ1010支部が幹事として、東京を中心に実施されています。また、協会会報7月号では、「ジュニア記録会」を各支部での記録を持ち寄る形で行うことがアナウンスされました。

 行き来の盛んな地域、あるいは遠出を厭わないような方は別とすると、広く門戸を開けた大会であっても、参加者の地域はどうしても偏ります。ここでも再三指摘してきているように、全日本選手権や青柳杯ですら、実態は「関東大会」の域を脱していません。

 前述の通り、実施環境が異なるため、「大会」にまで昇華するとは考えにくいですが、遠く離れた愛好者同士が「まだ見ぬライバル」と競い合える機会として、この手法は今後も活用が広がっていくものと思います。

150728.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shizuoka-fukiya.net/mt/mt-tb.cgi/755

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ