藤枝サークル 熱海サークル 公認指導員制度について - 日本スポーツ吹矢協会 静岡・焼津支部

公認指導員制度について

| コメント(0) | トラックバック(0)

[2015.2.5 update]

 日本スポーツ吹矢協会では、公認指導員制度を設けています。将来的にカルチャースクールなどで講座を開く際にもこの資格が必要ですので、より目的意識を持って吹矢の指導や普及に携わっていきたい方には、必須の資格ともいえるでしょう。

 資格認定試験(春と秋の年2回実施)の受験資格は「協会の会員歴2年以上」かつ「三段以上の段位」を持っていることで、実技試験・学科試験・指導力試験により評価されます。なお、公認指導員に認定されると、初段までの審査権限が与えられます。

 また、公認指導員歴3年以上かつ四段以上で上級公認指導員の受験資格が、上級公認指導員歴1年以上かつ五段以上でAライセンスの受験資格が得られます。合格し認定されると、上級公認指導員は三段まで、Aライセンスは五段まで(六段受験資格認定含む)の審査権限が与えられます。

 ※Aライセンスは審査権限の制度であり、指導員のランクを表すものではありません

 これらの流れを図にすると、以下の通りになります。なお、左側の年数は、受験資格を満たしてから当該試験までの期間を考慮しておりませんので、ご注意ください。入会や資格取得のタイミングによっては、それぞれ最大半年程度のズレが生じる場合があります。

licence2013.gif
◎全国の公認指導員一覧はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shizuoka-fukiya.net/mt/mt-tb.cgi/680

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ