藤枝サークル 熱海サークル 富士サークル(仮)第1回練習会 - 日本スポーツ吹矢協会 静岡・焼津支部

富士サークル(仮)第1回練習会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 過日告知しました通り、第1回となる「スポーツ吹矢富士サークル(仮)」の練習会を、19日に富士市伝法のRスイミングクラブ体育館で開催しました。

 規模として10名程度でも集まれば...と事前に思っていたところ、当日は何と17名ものご参加をいただく盛況ぶり。内訳は、11月の体験会から引き続いての方が12名、新たに体験を兼ねて参加された方が5名でしたが、当支部で用意できる(手持ちの)体験用筒は16本しかありません。まさかの事態に、10月の支部練習の時と同様急きょ妻の筒を体験者に回すことで、何とかギリギリ筒の使い回しは回避することが出来ました。

 ともあれ、設定時間も2時間と限られていますので、早速皆さんには吹いていただくことに。設置した4レーンの内、既に体験会で経験済みの方々は3レーン、今回が初めての方は1レーンという割り当てとしました。経験者の皆さんは、復習を兼ねつつのとなりましたが、ある程度自由に吹いていただきつつ支部員から適宜アドバイスを入れる形、初体験の皆さんには通常の体験会と同様の手順での説明と実践です。

 私は初めての皆さんを担当。最初は「届くか心配」と話していた方もちゃんと的に当てて喜ばれるなど、いつもの体験会と同様、それぞれに楽しく吹いていただけたように思います。妻とお手伝いの支部員さんに任せっきりで直接見ることは出来ませんでしたが、2回目の皆さんも熱心に吹かれている様子でしたので、まずまず良い催しになったのではないかと思います。

 そして、あっと言う間の2時間を終えた後は、皆さんにちょっと残っていただいて、用具購入の話とともに、今後の在り方についての話をさせていただきました。ここでの告知でも書いたように、あくまで同好会的な「サークル」という位置づけですので、近い将来には場所の確保、道具の管理、練習の進行などを自主的にやってもらいたいことを予めお伝えする必要があったためです。

 支部云々も最終的な到達点として一応は触れましたが、まずは「サークル」としての「和」が出来上がるかどうかが肝心ですし、次回以降仲間づくりが進んでいけば、自然とそういう方向に向かうこともあるでしょう。この辺りは、自主性を損ねないようにしっかりサポートしていくつもりです。とにもかくにも、サークル発足としては充実の船出を感じた一日となりました。

 なお、練習の前半には、地元富士市で2万部超の発行部数を誇るタブロイド紙「富士ニュース」の記者さんが取材に入っていました。場所取りの点も含め、この辺は富士にお住まいのS山さんご夫妻の力によるところが大きく、大変ありがたいところ。そして、本日付で掲載された当日の模様は、何と一面を飾るという快挙(?)を達成しました。こちらに関しては、実際の紙面を入手し次第、改めて報告しますね。

101219_1.jpg101219_2.jpg101219_3.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shizuoka-fukiya.net/mt/mt-tb.cgi/126

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ